奈良の工務店 アーキ・クラフトです。確かな設計力であなたのワクワクをカタチに変えます。

奈良のタケ日記

社内勉強会その3

みなさん今日もお元気様です!
アーキ・クラフト倉原のブログを読んでくださりありがとうございます
今日は「社内勉強会その3」

またまた前回からの続きです!

岡本銘木さんの後はお昼ご飯!

三田屋さんで美味しいお肉をいただきました。

ここでも店員さんの細やかなおもてなしを受けて、みな気分よくお店を後にすることができました。

その後向かったのが、みなが楽しみにしていた エス・コヤマさん

実は直前の連絡にも関わらず広報担当の方が案内してくださいました。

以下画像(スタッフのブログに説明があるので参考にしてください) 伊藤 松川 吉桑 小泉

説明はさぼらせていただきます(笑)

世界観は工期が後の建物になるほど明確になっていて魅力的でした。

また、動線がスムーズに流れるように回遊性と入口と出口を明確にわけていたので印象的でした。

最後に、サンワカンパニーさんへ

一般のお客様でも、工務店相手でも同じ値段で販売する会社さんです。
設計事務所の先生や、お客様自身が選定されるケースがあるので勉強会コースに入りました。


ペット専用のバスタブで使えそう(笑)


金魚の町 大和郡山にぴったりなボール(笑)


一日おもてなしを受け続けたにも関わらずお疲れ気味なスタッフ(笑)

「おもてなし」がテーマで組んだわけではないのに

結局、そこに一番感銘を受けた勉強会となりました。

その部分だけですが、社員たちの感想を一部載せます。


昨日の勉強会で一番関心したのが、岡銘様の社員さんの対応並びにコヤマのスタッフの対応が
すばらしく良かったと思います。
物を作り、お客様に提供する部分では同じと思いますが、建設業界ではまだまだ出来ていない部分だと
思います。育み会も発足いたしますので、相談していきましょう。


やはり印象に残ったのは岡本銘木店さんの対応でした。
(挨拶から準備物、最後の見送りまで含めて)

普段から○○(支店長の名前)さんの対応でもわかる部分はあるのですが、
会社全体でお客さんに対する対応が出来ているのではないかと感じました。

あの対応をされ、気分を害することは少ないのではないかと思いました。
岡銘さんの仕事場と会議室との位置関係がより良い印象を与えているとも思います。

私たちも出来ている部分もありますが、
やりすぎない程度のおもてなしは必要かなと思います。

内容としましては、
お客さんが来られた時に
(施主・業者等でどこまでするかの内容は変わると思います。)
(来社される時間があらかじめわかっていれば)
○単純に大きな声を出し挨拶をする。
○事務所の間取りの問題はありますが、お客さんが見える位置まで移動する。
○お見送りはいるスタッフは席を立って挨拶をする。
などでしょうか。
+αがあれば、皆で検討していけば良いと思います。


岡本銘木店さんの工場見学では、
整理整頓の徹底や見学者への挨拶の徹底など、
多々見習うべきところがありました。

エス・コヤマさんの見学では、
たった8人の訪問者の為に広報担当者が付き添ってくれて、
店づくりに懸けるオーナーの想いを説明されるなど、
末端のスタッフにまでオーナーの意志が反映されていると思いました。

帰りがけ、
私たちの大きなハイエースが出て来るため、
荷物を抱えたスタッフさんが道の端の僅かなスペースにまで身を寄せ、
その上助手席の私にきちんと会釈されたのにも、
同じように感じました。

ただおいしいお菓子を作る以上の、
このお店が繁盛し続けている理由を見たように思いました。

私自身もまずは現場で職人さんへの挨拶、
来客への挨拶を徹底し、
そして施主様への対応を、
どうすれば喜んで頂けるのかという視点で見直します。


各見学先のスタッフ教育のすごさに 感心しました
挨拶 聞き取り 笑顔 など 参考になることばかりでした


見学者に対しての接客に非常に慣れておられ、「お迎えする」ということが徹底されていました。
工場内も少ない人員で配置され、効率化が図られているのを感じました。
その為の幾度かの改善等の話し合い(会議)がもたれたのが想像できます。(情報の共有化・一定のルール化)


今回の勉強会では、プレカット工場の社員教育。また、エス・コヤマのお客様への
おもてなしや子供を楽しませる仕掛けなども見れて大変よかったと思います。


今回の勉強会で、プレカット工場の社員教育、見学者への挨拶や工場整理整頓状況が高いレベルだと感じました。

建築業界はまだまだ、悪いイメージが付きまとってると思います。
ビルや土木や建売業者は特にガラがまだまだ悪い。

そんな業界だからこそ、今回の「岡本銘木」さんレベルの対応が会社・協力業者・現場で出来ていれば、簡単に「高いレベル」の会社と感じてもれえると思います

客観的に見れば、アーキ・クラフトはまだまだな会社ですが、伸びしろはめちゃくちゃあると思うのです。

気付きのある勉強会。次回が楽しみです!

-