奈良の工務店 アーキ・クラフトです。確かな設計力であなたのワクワクをカタチに変えます。

奈良のタケ日記

もち

毎年稲刈りの季節には村祭りが開催されます。

私の所属する消防団では餅つきを担当。

𦥑は昭和2年につくられた歴史のある代物!

毎年のことですが、一日で5回もつくので結構重労働です(笑)

 

 

 

もち米を突いて塊にしていきます。

 

 

 

杵が棒状で、多人数でも参加できます。

珍しくないですか?

 

 

 

大和郡山市長も参加くださいました。

がっつり餅つきまで(笑)

集落の老若男女が集まり、新しい住民さんや子どもさんの顔を見て

「あの子は誰さんの子ども?」

なんて確認、挨拶しながら

集落のコミュニケーションが存続できることを感じたのでした。

 

-