奈良の工務店 アーキ・クラフトです。確かな設計力であなたのワクワクをカタチに変えます。

奈良で考える 人と家

今は亡き、ご両親の思い出を残し、大規模改築。「大阪府八尾市K様邸」4

実は私が家作りに携わらせて頂いて、

一番ありがたく思うのは、

他でもない施主様の想いに触れる瞬間です。

K様邸では、

この和室がその想いをカタチにした空間でした。

h_40_13b

残念ながら床の間の一部を除き、

クロスは全て貼り替えになってしまいましたが、

主な造作などは全て元からあるものを残し、

極力触らずに仕上げました。

 

特にこの空間で育ったご主人にとっては、

ここに座り、

子どものころを思い出すことで、

よりご両親の存在を明確に感じられることでしょう。

 

まさに建築屋冥利につきる、

家作りに携わってよかったと思える瞬間です。

このK様邸ではさらに、

2階にも同じ「遺された」空間があります。

それがコチラ↓

h_40_14b

かつての家を支えていた大きな「梁(はり)」です。

 

これは偶然の産物なのですが、

以前の家より現在の家は階高(かいだか)が高いため、

以前の家より高い位置に屋根がきます。

そのせいで以前の家の屋根裏に隠れていた梁が、

このように現れることに。

 

寝室に梁を見せる必要性はありませんし、

撤去して掛けなおすことも可能だったのですが、

こちらも大切な思い出のこもった、

以前の家の一部。

 

監督の発案できれいに磨き、

敢えて見せることで以前の家の面影を残したのでした。

 

2階は他にフリールームがあり、

将来お子様が増えても分割して使えるようにしています。

h_40_15b

まだお若いご夫婦だけに、

新しいご家族が楽しみになる設計となりました。

-