奈良の工務店 アーキ・クラフトです。確かな設計力であなたのワクワクをカタチに変えます。

奈良で考える 人と家

細長い敷地に二世帯住宅を。「トオリニワのある家」大和郡山市O様邸1

さて、

また少し間が空いてしまいましたが、

施工例解説ブログの再開です。

今回からは

「大和郡山市東岡町O様邸」

をご紹介します。

 

こちらはタイトルにあるように、

奥に細長い敷地を活用して建てた「二世帯住宅」です。

厳密に言うとお婆様・ご両親・若夫婦・お子様の、

二世帯・四世代という大家族。

それだけに必要なスペースを敷地内にまとめ、

採光や通風を確保しつつ、

さらに脇を通る道路からの目線を遮るという、

難題に挑戦しなければなりませんでした。

 

そこで弊社設計吉桑が取り組んだのが、

大きな壁で目線を遮る一方、

貴重な敷地の一部を

「トオリニワ(通り庭)」

として、

採光・通風を確保するというもの。

 

こちらがその外観です。

敷地の細さがより分かるのはコチラ↓

脇の道路から振り返ると↓

プライバシーに配慮するため、

大壁が作れなかった場所は木フェンスで補いました。

 

完成見学会を開催した際、

この外観をチラシに掲載させてもらったところ

「いつも前を通っていたけど、どんな家か気になっていた」

とのお声を複数頂くほど、

特徴的な外観となりました。

 

城下町大和郡山の古い街並みが残る旧市街に、

ひときわ個性的な外観を現した

「大和郡山市O様邸」

次回以降はその中を徐々にご案内します。

-