デザインと介護を両立させたリフォームで二世帯住宅に

奈良県奈良市 N様邸
奈良県奈良市 N様邸

世帯間でほどよい距離を保ちながら、それぞれの趣味を楽しむ快適な空間へ

N様邸は、築28年の戸建て住宅です。
以前ご病気をされてからお体の不自由なお父様のために、この機会に全面リフォームを行うことになりました。

リフォームにともない、外観も一新されたN様邸は、周辺の家々と明らかに違う、存在感を発揮しています。
アプローチには枕木や木格子のデザインを施し、素材感を活かしたナチュラルさがありながらモダンな印象も与えています。

また、高低差のあるN様邸への階段脇には、お父様の為にリフトを設置しました。
補助金も有効活用し、お父様ご自身はもちろん、介護する家族の皆さまに負担が少なくなるよう、配慮しました。

N様邸の二世帯リフォームは、1階が親世帯、2階を子世帯としました。
玄関はひとつですが、扉を開けてすぐ右に階段を設置。
そこから2階の子世帯へ直接行くことができます。
生活時間帯が異なりがちな2家族が暮らす二世帯住宅において、ほどよい距離感が生まれるように配慮しました。

1階の親世帯は、親戚が大勢集まれるよう、LDKを大きく配置しました。
また1階の寝室には、お父様の趣味である絵画がゆっくり楽しめるよう、絵筆を洗えるシンクなどがある趣味コーナーを設けています。
一方、2階の子世帯には、若夫婦お二人の趣味であるお酒を楽しめるよう、バーカウンターや造り付けのビールサーバーを設置。
夫婦水入らずの時間をより楽しめるよう、工夫しました。

親世帯と子世帯がほどよい距離感で、お互いの生活を楽しめるよう、さまざまな遊びと工夫を凝らしたN様邸のリフォーム。
この新しい家が、ご家族の絆をより深める一助になれば幸いです。

フォトギャラリー

ムービー